ぐるぅwが、ぐぅ?るぐる(゚o゚)(゚o。)(。o。)(。o゚)(゚o゚)(゚o。)(。o。)(。o゚) 2009年02月26日
ゴロ(( ̄∇ ̄ ; )))))(((((; _◇_))ゴロ っとした感じで いろいろと、つらつらと、えろもすこし、なんでも書いていきますので、おつきあいください
ぐるぅwが、ぐぅ?るぐる(゚o゚)(゚o。)(。o。)(。o゚)(゚o゚)(゚o。)(。o。)(。o゚)
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
そのときは彼によろしく
2009-02-26-Thu  CATEGORY: 映画
CSで録画してたのを観ました。
公開当時、TBS「王様のブランチ」に
長澤まさみ、山田孝之、塚本高史の3人が出演してたと思う。
その公開時には観られなかった。
2007年115分

子供の時に男の子2人、女の子1人で仲のよかった3人。
大きくなって再会したわけだけど、女子一人は病院のベッドに寝ている。

原作は、市川拓司。
彼は泣かせる作品を書くけれど、現実ではない設定を使ってしまうのが残念。
オイラも泣いちゃうんだけどね。
深く眠ると起きられなくなって植物人間になってしまい、いずれ死んでしまう奇病。
これは、どうなの?
ほかの病気の方がよかったんじゃないだろうか。
それ以外はよかったから、余計残念。

主役3人の他の出演者も
国仲涼子、北川景子、黄川田将也、
和久井映見、小日向文世
よかったです。

しかし、この3人の話、2007年に劇場で観た「天国は待ってくれる」
とかぶるような、連想させる。

「そのときは彼によろしく」の方が、水槽の並んだ映像とか廃バスよ木々など
幻想的で美しい映像でした。
この題も、2つの関係にかかってて、
普通終わるかな、と思うところで、話は続き、
どう終わらせるか、
というところで、この題のもう一つの意味を知るのだね。

★★★1/2★☆

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0


余白 Copyright © 2005 ぐるぅwが、ぐぅ?るぐる(゚o゚)(゚o。)(。o。)(。o゚)(゚o゚)(゚o。)(。o。)(。o゚). all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
登録 編集